生命保険のメリットとデメリットって?FPが気になる疑問にお答え!

生命保険って必要ですか?ー改めて、生命保険のメリットとデメリットについて考える

この記事では、生命保険の加入を考える際に「そもそも生命保険って、どういうものなの?」「入るメリットって何なの?」という、ごく基本的な知識についてまとめてみました。

日本人は8割の人が入っているという生命保険。そして生命保険は人生で2番目に高い買い物とも言われています。

今、保険を考えている人はもちろん、もう加入している人も、今一度、生命保険のメリットデメリットについて考えてみませんか?

そもそも生命保険とは何か。

広辞苑には、生命保険の定義としてこう書かれてあります。

「被保険者の死亡または一定の年齢に達するまでに生存したことを条件として一定の金額を支払う保険。死亡保険・生存保険・混合保険の別がある。」

(岩波書店 広辞苑 第三版)

いわゆる「生命保険」というのは、各社多種多様な商品を売り出しているので、数えきれないほど種類があるかと思われますが、仕組みはごくシンプルです。

上にも書いてあるように、「死亡保険」「生存保険」「混合保険」の3種類しかありません。

ここではその3種類についてご説明をしましょう。

1.死亡保険ー被保険者が死亡・高度障害時に、死亡受取人に支払われる保険。定期保険と終身保険がある。

2.生存保険ー契約時にさだめた満期時に、被保険者が生存していた場合に保険金が支払われる。年金保険。

3.混合保険(生死混合保険)ー死亡保険と生存保険をミックスしたもの。

死亡・高度障害状態になった場合には「死亡保険金」、契約満了時まで生きていた場合は「生存保険金」が支払われる。

養老保険がこれにあたる。

保険を調べると様々な種類の保険がありますが、多くはこれらの保険を組み合わせて開発されたもの。

最近では保険と呼ばれるものはすべて「生命保険」と言われていますが、本来の定義からは、医療やがんなどの保険は含まれません。

この記事では、もともとの意味である「生命保険」に話をしぼり、保険とは何か?というご説明をしたいと思います。

どういった時に、生命保険は必要なの?

あとでも詳しく述べますが、生命保険とは残された家族が生活に困らないために前もって用意するもの。

ゆりかごから墓場までという言葉がありますが、人はそれぞれのライフステージにおいて、責任の負い方が違ってきます。

つまり、置かれた立場で必要な保険も違ってくるのです。

独身の時は、何かがあった時に困るのは両親かもしれません。

結婚後、万が一の場合は配偶者が困ります。

もちろん、子どもが生まれてから何かがあれば、子どもが幼ければ幼いほど、子どもに対する責任も大きいものです。

このように、人生の節目で状況が変わる中、適切な保険に入ってなければ、残された家族は不安を感じることでしょう。

このような不安を取り除き、万一の場合の経済的な苦労を取り除くことが責任であり、家族への愛情と言えるでしょう。

これらの万が一の場合、貯金でまかなえられるなら問題ないのですが、それだけの十分な貯蓄がない場合、味方になってくれるのが生命保険です。

それではここからは、実際にどれくらいの加入率で、どのような保険に入っているのか、保険を考えるにあたって参考になるデータを見ていきましょう。

日本人の保険加入率


さて、冒頭では日本人の8割が保険に加入していると書きました。

(参照 生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度

このデータによると、男女ともに80%を越す人が何らかの保険に入っています。

そして生命保険の営業職員から、「社会人になったら保険に入るのは当たり前ですよ」と言われたという人もいるかもしれません。

しかし、大多数の人が入っているからといって何となく加入するではなく、明確な意図を持って入らなければ、必要な時に必要な保障が受けられないことにもなりかねません。

そのような事態を防ぐためにも、どのような保険が必要なのか、そもそも今の自分に保険が必要なのかを見極めることが大事です。

入ったほうがいいのか?

さて、ここでは「そもそも論」になりますが、保険は入ったほうがいいのでしょうか?

保険会社は、あの手この手で不安をあおるような宣伝を打っています。

しかし、保険は誰にとっても必要なものでしょうか。

お金を残したいという人がいなかったり、自分が死んで困る人がいな場合は、本当に死亡保険金が必要なのか。

必要だとしたら、どれくらいの額が必要なのか。

その点をよく考える必要性があります。

この目的意識を明確にすることが、保険加入を考える際のスタートと言ってもいいでしょう。

保険加入のメリットデメリットについて


さてここからは、具体的に保険に加入するメリットとデメリットについてピックアップしていきたいと思います。

ここでは保険の持つ特性の、一般的なメリットとデメリットについて簡単にご説明をします。

メリット

1.死亡時の備えと資産形成が同時にできる

生命保険の一番のメリットは、万が一の場合の保障を用意できることにあります。

また、すべての商品ではないですが、中には解約返戻金や満期金がある保険もあるので、それによって貯蓄も同時にできるというメリットがあります。

2.税金対策

亡くなった人が資産を残していた場合、相続税が発生します。

しかし生命保険を利用することで、相続税対策をすることができます。

また、生命保険の保険金は一定の控除があるので、非課税内であれば相続税が発生せずに保険金の受け取りが可能です。

3.計画的に必要なお金を準備できる

1でも触れましたが、生命保険の中には解約返戻金や満期保険金があるものがあります。

資保険や年金保険は特にわかりやすいですが、こういった保険に加入することで、ライフステージに必要な額を計画的に用意することができます。

デメリット

1.資産形成ができるものは割高


メリットとして、生命保険は死亡時の保障もあって、同時に資産形成もできると書きました。

けれどもそのような保険は割高であることも事実です。

今は、保険料支払い期間中は解約返戻金を低く抑え、かわりに払い込み満了以降は解約金が増えるという「低解約返戻金型」の終身保険もありますが、それでも資産形成をしない掛け捨てタイプと比べると、割高になってしまいます。

2.早期の解約は元本割れをする

元本割れとは、支払った保険料より、受け取る解約返戻金や満期保険金が少ないことを言います。

生命保険の契約が長期にわたる場合、支払った保険料より解約返戻金が上回ることが多いのですが、早期で解約をした場合、ほとんどの場合元本割れを起こしてしまいます。

契約してすぐでも、支払事由があれば保険金を受け取れるのが、保険の特性ではあります。

けれども何もなければ、早期の解約は損でしかありません。

その意味でも、加入は慎重に考えなければならないでしょう。

必要保障額って何?

必要保障額というのは、被保険者が亡くなったあと、残された家族が必要となるお金の総額です。

民間の生命保険会社に加入していなくても国から遺族年金や、会社員だった人は遺族厚生年金を、遺族は受け取ることができます。

必要保障額の計算式は、以下のものです。

「必要保障額=将来の支出ー(現在の貯蓄+遺族年金/遺族厚生年金)」

それでは、次の項目では将来の支出として重要な3要素、「生活費」「住居費」「教育費」について考えたいと思います。

生活費

生活費は、これまでの収入の7割とも言われています。

もちろん各家庭によって違いますが、ひとつの目安として一般的に考えられる数字になります。

住宅費

住宅費は、持ち家か賃貸かによって大きく変わります。

持ち家の場合、ローンを組む際は「団体信用生命保険」に加入するのが一般的です。

これは、ローンを組んでいる人が亡くなった場合、保険金でローンの残額が返済される仕組みです。

最近では、返済者がガンや急性心筋梗塞、脳卒中になった場合もローンが免除されるものもあります。

つまり、持ち家の場合はローンを組んでいる人が亡くなると、以降のローンの支払いは免除となり、将来の支出として考える必要はなくなります。

しかし賃貸の場合は、長期にわたって家賃が将来の支出となるので、試算の際には注意が必要です。

教育費


教育費は、公立か私立か・文系か理系かで大きく支出が変わってきます。

ここでは、文科省のサイトを参考に、大学卒業までにかかる教育費を主な進路別で試算してみました。

・オール公立コース/782.7万円(幼稚園~大学まで国公立)
・公立~私立文系コース/930万円(幼稚園~高校・公立、大学・私立文系)
・高校から私立~私立文系コース/1,105.8万円(幼稚園~中学・公立、高校・私立、大学・私立文系)
・中学から私立~私立理系コース/1,501.4万円(幼稚園~小学校・公立、中学~高校・私立、大学・私立理系)
・小学校から私立~私立理系コース/2,224.5万円(幼稚園・公立、小学校~大学・私立、私立理系)

(参照「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」(文部科学省)

(参照「私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(文部科学省平成28年度)」

どのような進路を選ぶかで1000万円以上の差がでてくるため、教育費をどう考えるかは必要保障額を大きく左右します。

必要な人と、そうでない人って?

さてここまで、生命保険の特性やメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

その上で、今考えるべきことは、ご自身が保険に加入すべきかどうかということではないでしょうか。

生命保険には様々なメリットがありますが、何度も言うように、誰にとっても必ず必要なものではありません。

ここでは、生命保険が必要な人と、そうでない人についてまとめてみました。

必要な人ー「お金を残したい人がいる人」


配偶者やお子さんがいる方。またたとえ独身でも、親にお金を残したいという人には、保険は必要でしょう。

また、保険は貯蓄とちがって、「あるものを取り崩す」ものではありません。

貯金を不測の事態に使いたくないという人や、リスク管理はあらかじめしておきたいという人には向いていると言えるでしょう。

必要じゃない人ー「誰に残すか明確でない人」

先ほども書きましたが、保険会社のCMやセールスパーソンは不安をあおって保険をすすめます。

けれども保険の性質上、誰にお金を残すのかがはっきりしないまま大きな保障のものに契約するのは、あまり意味がないと言っていいでしょう。

言われるがままに加入し、無駄な保険料を支払わないためにも、「そもそも誰のために?」は最初に考えるべきこと。

そこがはっきりしないと、のちのち大きく後悔することになりかねません。

まとめ

さて、以上の内容で、生命保険の特長やメリットデメリット、加入する際の考え方はつかめていただけたでしょうか?

その結果、今は保険は必要でないという結果になっても、将来必要になった時には役に立つ情報だと思います。

無理なくムダなく保険に入るためにも、これを機会にぜひ、保険のリテラシーを身に着けることをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です