保険クリニックで保険相談をするメリットと特徴をFPが解説

保険の見直しがしたいけれど、どこに行けばいいのか迷っている人も少なくないのではないでしょうか。

保険代理店を選ぶポイントは人によってさまざまです。

通いやすい場所にあることがいい人もいれば、取り扱っている保険会社が多い方が良いという人もいるでしょう。

保険代理店を選ぶとき、選択肢に入れておきたいのが保険クリニックです。

保険クリニックはスタッフの対応や提案力、取扱商品において、オリコン顧客満足度1位を獲得しています。

今回は保険クリニックについてご紹介します。

保険クリニックについて

まずは、保険クリニックの概要についてご紹介します。

18年続く保険代理店である

保険クリニックを開業は1999年、2018年現在で19年の歴史を誇ります。

今ではショッピングモールや百貨店で無料相談サービスを行っている保険代理店は数多くありますが、保険の相談窓口システムを確立したのは、実は保険クリニックなのです。

全国展開している

まず大きなメリットの一つが、保険のクリニックが全国展開しているということです。

沖縄から北海道まで185店舗以上の店舗があります。

代理店の中にはひとつの県の中に店舗が1,2店舗だけというところも少なくありません。

そうすると、全国展開しているとはいえ郊外に住んでいる場合には、その保険代理店を利用するためには、長時間かけて店舗に出向かなければならないこともあります。

その点保険クリニックはひとつの県の中にかなり多くの店舗があります。

例えば福岡県であれば、中心部である天神や博多駅以外にも、久留米、それから北九州や那珂川など、郊外にも店舗があります。

取り扱い保険数は40社以上

取り扱っている保険会社の数は代理店によってさまざまです。

中には21社というところもあります。21社という数字もかなり多いですが、 保険クリニックではその場合の40社の取り扱いがあります。

がん保険ひとつとっても、保険会社によって保障内容や料金、特徴はさまざまです。

中には年齢制限があるものもあります。

自分に合った保険を40社から選ぶことができるというのは大きなメリットといえます。

生命保険だけでなく、火災保険や損保も取り扱っている

人が一生のうちで加入するのは、生命保険だけではありません。

家を建てれば火災保険や地震保険に入ることになりますし、車を買えば車両保険に入ることにもなります。

こういった色々な保険を全て自分が直接保険会社と契約をすることもできますが、そうなると給付の手続きや更新の手続きが必要なときに管理が面倒です。

その点保険クリニックであれば、生命保険以外にも火災保険や損害保険、ペット保険なども取り扱っているため、生活において必要な保険を全て保険クリニック窓口にして加入することも不可能ではありません。

保険クリニックが他よりも優れている店

そんな歴史の長い保険クリニックには、他と比べて色々なメリットがあります。

いろいろな種類の店舗がある


保険代理店の中には、ショッピングモールや百貨店などに入っている代理店もあれば独立の店舗を構えている代理店など、色々な種類があります。

そして多くの場合、ショッピングモールに入っている店舗は独立した店舗を持っていない、または独立した店舗を持つ代理店はショッピングモールなどの大きな施設にお店を構えていないことが多いものです。

しかし保険のクリニックの場合は、店舗によってその形態が異なります。

イオンやゆめタウンなどのショッピングモールの中に入っている店舗もあれば、雑居ビルの中に入っている店舗もあります。

雑居ビルの多くは駅からのアクセスが良く、公共交通機関を使って行くことができますし、逆にゆめタウンなどの大型ショッピングモールの場合は郊外にあることが多いものですが、駐車場が完備されているため、車で行くことができます。どちらのメリットも備えているのが保険クリニックです。

来店もできるし訪問もしてくれる

代理店の中には、店舗を構えている来店型もありますが、店舗を持たずにスタッフが任意の場所まで訪問する訪問型のサービスを展開しているところもあります。

来店型と訪問型はどちらにもメリットデメリットがありますが、相談したい人にとってはどちらも利用できるのが一番便利です。

この点保険クリニックでは、店舗に来店して相談することもできますし、スタッフが自宅や勤務先など任意の場所に来てくれるサービスも行っています。

平日は自宅や勤務先で相談をしたい、土日は買い物ついでに店舗まで出向いて相談をしたいというニーズの対応ができます。

データが可視化される

保険クリニックでは相談を受けるときに、独自の保険IQシステムというシステムを使って相談に対応してくれます。

これは相談者が加入している保険証券を元に今加入している保険を分析するもので、年間の保険料がいくらなのか、満期までにいくらぐらいのお金を支払うのか、また満期になるといくらお金が入ってくるのかなどがグラフにしてわかるシートです。

言葉で言われるよりも、こういった一目でわかるシートを使った方が記憶にも残りやすいもの。

また分析もしやすいため、今加入している保険をどのように身直せばいいのかも把握しやすいというメリットがあります。

このシートを元に担当者が説明をしてくれるため、分からないところはその場で聞くことができます。

東証マザーズに上場している

保険クリニックを運営しているのは、株式会社アイリックコーポレーションという会社ですが、この会社は東証マザーズに上場しているというのもひとつ大きなメリットということができます。

投資用に限らず株式市場に上場を決めるためには、会社の中の組織を適正に保ち、お金の管理などもしっかりクリアにしておかなければなりません。

また、上場していると、一般株式投資家が株式を買うことができ、株主総会には一般の人が参加することもできます。

保険の代理店には昔から利益第一で保険を勧誘しているのではないかなどのクレームがよく寄せられることがありますが、上場会社でそんなことをすれば、株主総会でこういったクレームについて糾弾されるということは容易に想像ができます。

それに会社にとって悪い評判が流れてしまえば、株価が下がり経営に影響を及ぼすこともあります。

そういったことを考えると、東証マザーズに上場しているということは保険クリニックが適正な運営をしているということの証明とも言えるのです。

この点は利用者にとって安心材料と言えるのではないでしょうか。

アフターサービスが充実している


保険の代理店の中には、契約した後の手続きは全て自分で行うところもあります。

その点保険クリニックでは、アフターサービスも充実しています。契約書や保険証券などをなくした時には保険クリニックに連絡をすれば再発行してくれますし、保険会社と契約書の間に入って保険の給付申請なども行ってくれます。

色々な保険の窓口を保険クリニックにしておけば、保険クリニックに連絡するだけで色々な手続きを代行してくれるためとても便利です。

スタッフを自社で雇っている

代理店の中にはファイナンシャルプランナーと個別に契約をし、無料相談の問い合わせがあった顧客情報を売買するというやり方で代理店を運営しているところが少なくありません。

このやり方は自社に社員を雇う必要がないため、会社にとっては合理的な運用方法といえますが、ファイナンシャルプランナーの質を管理することができません。

そのため、あまり質の高くないファイナンシャルプランナーが対応したり、自分の利益を第一に考えて強引な勧誘をするファイナンシャルプランナーが混じっていることも。

もちろんお客さんからのクレームがあれば、ファイナンシャルプランナーを変えるなどの対応をしていることもあります。

しかし、一度はお客さんに接しており、やはり管理が難しいというデメリットがあります。

その点、保険クリニックでは基本的に正社員や契約社員が相談に対応します。

また契約数や相談数のノルマがないため、スタッフが成約第一で対応するということもありません。

自分に合わない保険を勧められたり、強引な勧誘を受けるのではないかという不安をしなくていいというところは、保険クリニックの大きなメリットです。

スタッフの質が良い

スタッフを自社で雇っているということには他にもメリットがあります。

それは、スタッフの質を自社で一律に管理することができるということです。

冒頭でも、保険クリニックのスタッフの対応や提案力はオリコン顧客満足度1位であると説明しましたが、保険クリニックで日々顧客対応をしているコンサルタントは年間多くの研修を受けています。

コールセンターで勤務したことがある方はイメージしやすいかもしれませんが、相談業務を行うスタッフに対しては、一定の質を保つために、知識のインプットを行うことが非常に重要です。

研修だけでなく保険クリニックの場合は、自社でライセンスも設けています。

このライセンスは、保険だけでなく、家計や介護、住宅ローンや年金など、ファイナンシャルプランナーが専門知識として学ぶようなことを学び、習得レベルに応じて資格を認定されるというものです。

このライセンス取得を通じて多角的に知識を得ることができますし、ライセンスを持っていることがその証明にもなります。

保険クリニックの働きやすさは、相談者にとってもメリットになる

これまで保険クリニックのメリットを数多く自己紹介してきました。

保険クリニックに限らず、保険代理店に寄せられる感想の多くが、保険代理店のシステムそのものに対する評価ではなく実際に対応してくれたスタッフに対する評価です。

そのため、スタッフの質やスタッフが会社に対してどのようなスタンスって関わっているかということは、実は私たちが保険代理店を選ぶ上でかなり重要です。

保険クリニックのスタッフはどのように保険クリニックと関わっているのでしょうか。

正社員、契約社員として勤務


まずは先ほどもご紹介したとおり、勤務体系としては正社員や契約社員という形になっていました。

保険の相談を受けるスタッフの中には業務委託としてフリーランスで活動しているファイナンシャルプランナーなども少なくありません。

フリーランスで活動をしていると、色々な代理店をまたいで活動をすることができるほか、あまり代理店の方針に縛られず仕事をすることもある程度可能です。

ファイナンシャルプランナーの多くがプロ意識を持っており、相談者に適した保険を紹介しようと知識を研磨しています。

その一方で、フリーランスのために毎月の売上が保証されないため、契約に結びつきやすい顧客を選んだり、より手数料が高い保険を優先して紹介するなど、自分にとって利益が高い商品を選り好みして紹介するという人もなかにはいます。

この点、正社員や契約社員として相談スタッフとして働く場合は、毎月の給料が保証されているため、顧客をえり好みする必要がありませんし、自分にとってより利益が大きい保険を巧みに勧める必要もありません。

また保険のクリニックには毎月のノルマもないため、自分の給料のことを度外視してお客さんに適した保険を紹介しやすい仕組みになっています。

保険クリニックのデメリットとは

一方で、保険クリニックのデメリットはどこにあるのでしょうか。

ファイナンシャルプランナーの資格を有していない人もいる

保険の見直しをする時には、家計の見直しや貯蓄の仕方など、保険周りの色々な事を相談できるとより自分に合った保険を選びやすくなります。

こういった保険周りのいろいろな家庭のお金に関する相談には、やはりファイナンシャルプランナーが適しています。

なぜならファイナンシャルプランナーという資格を取るためには、保険のことだけでなく、年金や住宅ローン、税金や資産運営など、家庭のお金に関する色々な知識を身につけなければならないからです。

そのため、一般的に保険代理店にはファイナンシャルプランナーの資格を持っているコンサルタントが多くいます。

中には、相談する相手がすべてファイナンシャルプランナーであるということを売りにしている代理店もあります。

この点保険クリニックの場合は、すべてのコンサルタントはファイナンシャルプランナーの資格を持っているとは限りません。

なぜなら、保険クリニックは先ほども書いたとおり、自社独自の研修制度やマスター制度と呼ばれる社内の認定資格制度を使っているからです。

ただ中には、ファイナンシャルプランナーの資格を持ちながらこういった研修を受け、さらに知識を深めているコンサルタントも少なくないようです。

実際に保険クリニックに相談をした人の中には、対応してくれたコンサルタントがファイナンシャルプランナーの資格を持っていて安心したと感じている人もいました。

地域によって店舗のスタイルが違う

保険クリニックのメリットとして、イオンやゆめタウンなどショッピングモールに入っている店舗もあれば、オフィス街にあるビルの中に店舗が入っているところもあるというところをあげました。

これはメリットともいえますが、場合によってはデメリットにもなることがあります。

例えば子供が小さく、一緒に出かけなければ外出することができない時期もあるでしょう。

そういったときには、車でさっといけて子供が喜ぶ色々な施設があるショッピングモールの方が適している場合もあります。

その反面、仕事が忙しく土日もなかなか時間が取れないため、仕事が終わってから店舗に出向いて相談をしたいという人もいるでしょう。

こういった人の場合は郊外よりも電車などで行きやすい場所に店舗があった方が便利です。

保険クリニックの場合は色々な施設に入っているため、自分の近くにある店舗がどんな施設の中に入っているのかを調べなければなりません。

この手間は、人によってはデメリットになるかもしれません。

どんなふうに相談すればよい?利用のしかた


かなりメリットが多い保険クリニックどのように利用すれば良いのでしょうか。

まずは予約をする

状況によっては、予約をせず飛び込みでも対応をしてくれることがありますが、時間帯や曜日によっては相談者が多く待たされる可能性もあります。そのためできるならば事前に予約をしておくと良いでしょう。

予約はインターネットからもすることができますし、フリーダイヤルに電話をして予約の申し込みをすることもできます。

フリーダイヤルは平日なら8時まで土日祝日は7時まで受付していますので、仕事が終わってからでも電話することができますね。

インターネットで予約をする際には名前と連絡先、それから保険クリニックを知ったきっかけを記入する必要はありますが、住所や相談者の年齢などの細かいプライベートの情報を記入する必要がありません。この点も安心なところではないでしょうか。

実際に無料相談をする

予約が完了したら希望日に店舗に行ったり、勤務先や自宅にコンサルタントに来てもらったりして相談をすることができます。

この無料相談では、保険クリニックが独自に使用している表を使ってお金の流れや今加入している保険の見直しなどを行うことができます。

今加入している保険について見直しをした方がいいのか、見直しをするのならどの点を見直した方がいいのかなど細かいことを聞くことができます。

必要に応じて契約をする

実際に保険を見直して新しく他の保険に入り直した方が良いと判断した時、保険クリニックが取り扱っている保険商品の中から契約したいと思ったのであれば、そのまま保険クリニックの窓口で契約の手続きに進むことができます。

無料相談を利用する人の中には、無料でじっくり相談を聞いてもらったのだから契約をしなければならないのではないか、と考えてしまっている人もいますが、その必要はありません。

無料相談で保険クリニックから最適な保険を勧められたとしても、納得がいかなければ契約をする必要はありません。

それに、その場で契約するかどうかを決めずに一度持ち帰ってもう一度考え直すということもできます。

相談は何度でも無料で受け付けてもらえますので、分からないことがあったらもう一度相談をしたり、他にも良い保険がないか聞きたいといって改めて無料相談に申し込むこともできます。

ちなみに保険クリニックでは、無料相談をした人を対象にプレゼントのキャンペーンを行っていることがありますので、こういったキャンペーンも利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は保険クリニックについてご紹介しました。

数ある保険代理店の中でも保険クリニックは歴史が古く、運営している会社は東証マザーズに上場しているなど、しっかりとした運用体制であることがわかります。

他にもメリットの多い保険クリニック。代理店で迷っているのなら、是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です