保険見直し相談おすすめ10選~FPが教える失敗しない方法とタイミング2019

保険見直しの失敗しないおすすめ相談方法とタイミング

保険見直しのタイミングを考えてはいませんか?

保険の見直しは、結婚や出産、マイホーム購入、年収の変化などのライフステージの変化の時に行うべきです。

自分で見直すことも可能ですが、おすすめは保険ショップとの相談。

保険ショップでなら、無料でお金と保険のプロであるFPに相談できるうえ、嬉しいプレゼントがもらえることもあるのです。

ただ、どの保険ショップを選べばいいのか分からないという方も。

そこで記事では、保険見直しの各タイミングとポイント、そしておすすめの保険相談ショップを解説します。

この記事を読めば、賢く楽に保険見直しを行えるでしょう。

それではさっそく見ていきます!

保険見直し相談4つのポイント

保険見直し相談を行うと、保険の知識やあなたに必要・不必要な保険などが判明します。

そのため、下準備なしで見直し相談をする人がいますが、それは失敗のもと。

実は保険見直し相談でも失敗はあるのです。

そこで、まずは保険見直し相談を成功へと導く4つのポイントを紹介します。

1.まずは保険にはいる理由を考えよう

「何となく必要そうだから」という理由で保険に加入していませんか?

保険大国である日本では、生涯で1,000万円以上の保険料を支払うと言われているほどです。

保険は必要なものとそうでないものをしっかりと見極める必要があり、そのためにも保険に入る理由を考えなければいけません。

保険相談で勧められるがまま加入すると、高い保険料を余計に支払うことになります。

保険とは、不慮の事態などが起きたときに、経済面で生活をサポートするもの。

基本的な加入目的は主に以下の4つです。

・死亡保障
・医療保障(病気やケガ)
・貯蓄
・老後準備

まずは、あなたがどのタイプの保険が必要なのかはっきりさせましょう。

どれが必要なのかは、年齢や家族の有無、マイホームの有無、会社員かどうかなどで異なります。

例えば、20歳代の独身だと自身の葬儀費用のための最低限の死亡保障で十分ですが、家族がいるとなると遺族のために手厚い死亡保障が必要となります。

基本的な考え方としては、若いうちは最低限の保障で保険料を節約し、年齢が高くなるほど必要保険数は多くなるというもの。

その理由は簡単で、年齢が高くなるほど病気や死亡リスクが高くなれば、老後準備が必要になるからです。

あなたの現在の状況を考えて、求める保険とその理由を明確にしておきましょう。

そうすると、保険見直し相談もスムーズに進みますよ。

2.相談したい内容を整理しよう

保険見直し相談をしたい理由を明確にすることも重要。

保険料をカットしたい、必要な保険に加入したいなど様々だと思います。

相談したい内容を整理するためにも、

・家計の見直し
・保険証券の確認

は確実に行いましょう。

保険見直しにおいて、家計状態は重要な役目を果たします。

保険選びの基本で、家計を負担しない保険料を設定するというものがあるのです。

そのため、保険見直し相談前には家計を聞かれるのが一般的。

家計簿などをつけていればそれを持っていき、もしない場合は大まかな家計を見直してください。

そして保険証券には、保障額や保険料払い込み期間などが記載されており、現在の保険状況を確認できます。

もちろん、保険相談時にも保険証券は持っていきましょう。

相談前に準備しておくべきことは以下の通り。

・全ての保険証券
・家計状況
・相談したい内容のメモ
・気になる保険会社や商品のメモ

3.保険代理店の種類を知る

保険見直しを行う保険代理店ですが、その種類は銀行などの金融機関・保険ショップ・独立系FP事務所の3つあります。

各保険代理店の特徴を抑えて、あなたに合った相談先を見極めましょう。

以下がそれぞれの保険代理店の簡単な特徴となります。

【銀行などの金融機関】

銀行などの一部金融機関では、各種保険の取り扱いを行っています。

基本的には、貯蓄型の保険商品を取り扱っているため、医療保険や死亡保険は手薄といった印象です。

また相談相手は銀行員なので、保険知識に精通していない可能性があります。

銀行で保険相談を行うメリットは、資産全体を考慮した保険相談ができるということ。

ある意味で、質の高いお金の相談ができるのです。

【保険ショップ】


多くの方が利用しているのが保険ショップです。

駅前やショッピングモール内など、お住まいの地域のすぐそばにあるでしょう。

特定の保険会社の商品だけ扱う保険ショップもありますが、基本的には複数社の商品を扱う保険ショップがほとんど。

最大の魅力は、無料で保険相談ができることです。

保険ショップは保険会社から仲介手数料を受け取っているため、お客さんからはお金を取りません。

無料で質の高い保険相談ができるので、初めて保険相談する方におすすめ。

【独立系FP事務所】

保険会社や金融機関に属していないFP(保険やお金のプロ)に相談できます。

中立的な立場で、最も質の高い保険相談を行ってくれるのが魅力。

ただし、保険相談は有料で実施されていることがほとんどです。

そのため、まずは保険ショップで数回の無料相談を行い、その後に独立系FPに相談するのがおすすめ。

4.公的保障を知る

保険ショップは保険を販売する場所なので、知識を持たなければ、必要ない保険に加入してしまう可能性があります。

日本は保険大国ですが、同時に公的保障が非常に充実した国なのです。

そのため、公的保障を活用できるようになれば、余計な保険料を支払うことがなくなります。

絶対に知っておきたい基本的な公的保障は以下の通り。

【遺族年金】

会社員だけではなく、自営業も対象の遺族年金。

支給条件としては、18歳未満の子どもがいることが挙げられます。

支払金額は子どもの数によって変わり、末の子が18歳になるまで支給されるのです。

【子どもに医療保険は必要?】

念のために、子どもに医療保険をかける方は多くいます。

しかし、現在は多くの地方自治体で、子どもの医療費に対する助成制度があるのです。

そのため、子どもの医療費は格安もしくは無料となることさえあります。

まずはお住いの自治体の制度を確認してから、子どもの医療保険加入を検討してみるといいでしょう。

基本的には、子どもには学資保険だけで十分なように思われます。

【高額療養費制度】

あまり知られてはいませんが、保険のプロたちは30万円の貯金があれば医療保険はいらないと言います。

その理由は、健康保険証を持っていれば高額療養費制度を利用できるから。

高額療養費制度とは、病院や薬局でかかった医療費が1か月で一定額以上となれば、超えた分の金額が支給される制度です。

自己負担限度額は年収や年齢によって異なりますが、この制度により月の実質医療費が10万円を超えることはほとんどありません。

そのため、30万円の貯金とガン保険さえあれば、医療費への準備は万全とも言われています。

日本は公的保障が豊富なので、ぜひ知識を身に着けて、不必要な保険を見極めましょう。

保険見直しをするタイミングはいつ?

保険見直しをするタイミングは、ライフステージが変化したときです。

ライフステージの変化とは、子どもの独立や結婚、出産、マイホーム購入、転職などの生活スタイルが大きく変化する時期を示します。

最適な保険とは常に変わるものなので、定期的な見直しが必要です。

でも、どのように見直せばいいのか分かりませんよね。

そこでここからは、主なライフステージ変化における保険見直しのポイントを解説します。

年齢別の見直しポイントは後ほど詳しく紹介します。

結婚した時

結婚は大きなライフステージの変化。

挙式費用で貯蓄の大部分がなくなれば、万が一が起きた後のパートナーの生活なども考えないといけません。

今回は、まだ子どもが生まれていない共働き世帯の20代夫婦で考えてみます。

新婚の共働きカップルでありがちなのが、旦那さんの保障が手厚いということ。

どちらかが家庭に専念するのなら、それで問題はありませんが、共働きだと2人で家計を支えている状態です。

そのため、妻の万が一の時の保障にも備えておきたいところ。

メインの稼ぎ主となる方に死亡保険、そしてもう1人には格安の収入保障保険に加入するといいかもしれません。

特に、貯蓄型の終身保険に加入すれば、死亡保障に備えながら、解約すれば教育や老後資金として活用できます。

ポイントは、2人とも若いので保険料を抑えながら、必要な保障にだけ備えることです。

妊娠・出産時


妊娠・出産をしたら、まず考えるべきなのが子どもの教育費用です。

子どもの教育費用は、幼稚園から大学までオール公立でも約1,000万円はかかると言われています。

そのため、早め早めに教育資金貯蓄を開始しましょう。

教育資金貯蓄方法として人気なのが学資保険です。

返戻率100%を超えるものを選べば、支払総額よりも多くの受取総額を得られます。

子どもの医療費は自治体の制度に頼るとして、学資保険は返戻率の高さにこだわるのがおすすめです。

そして、出産からしばらくは育児に集中するのならば、妻の保険を減らして、そのぶん夫の保険を手厚くするといいかもしれません。

住宅購入時

夢のマイホームを購入したら、住宅ローンの支払いが待っています。

稼ぎ頭である夫に万が一が起きると、住宅ローンの支払いが難しくなります。

遺族年金があるとはいえ、生活費と住宅ローンの支払いは苦しいです。

そこで、住宅ローン期間中と同じ年数の収入保障保険がおすすめ。

現在は健康割引を実施している商品があるので、保険料を抑えつつローン返済期間中の保障は得られます。

もし医療保険に加入しているのなら、入院日額を見直しましょう。

現在、三大疾病であっても入院日数は少ない時代となっています。

つまり、入院治療から通院治療へと変化しているのが時代の流れなのです。

そこで、入院日額を減らして保険料を抑えます。

また、ガン罹患率が高くなる40歳代に備えて、ガン保険加入を検討してもいいでしょう。

ガン治療もまた入院から通院へとなっているので、通院治療が手厚い商品を選ぶといいですね。

転職をした時

転職をした時に大きく変化するのが収入です。

収入が減ったのならば、保険料を減らす見直しをしましょう。

保険金額を抑えたり、保障期間を短くしたりすることで保険料はぐっと減ります。

定年退職後

定年退職後は、医療費用と老後資金に注目します。

終身の医療保険とガン保険に加入したいところですが、年齢が高くなっているため商品選択は慎重に。

基本的には、割安な保険を終身払いにすることで、毎月の保険料負担を抑えられます。

また、通院治療対応のがん保険と遺される妻のために終身保険にも加入しておきたいところです。

保険見直し相談おすすめ方法【来店型・訪問型】

保険見直し相談でおすすめなのが、保険ショップです。

誰でも気軽に、そして無料で質の高い保険相談できるのは、保険ショップならではの魅力。

そんな保険ショップにも来店型と訪問型の2種類があります。

来店型保険ショップでは、あなたが直接保険ショップに行き、保険相談をします。

対して訪問型保険ショップは、相談員があなたの自宅や近所、勤務先近くまでやってきて、保険相談を行うこと。

来店型と訪問型はどちらを選んでも構いません。

子育てや介護などで1~2時間も自宅を空けられない方は、訪問型を選ぶといいでしょう。

また傾向的に、訪問型のほうが相談員のレベルが高いように思われます。

訪問型・相談型よりも、保険ショップ選びで重要視するべきポイントは以下の通り。

・取り扱い保険会社数
・店舗数(引っ越し先でも同じサービスを受けるため)
・相談員のレベル(業界平均経験年数やFP在籍の有無など)

保険ショップの数は多すぎるため、保険ショップ選びで迷うと思います。

そこでここからは、数ある中から厳選したおすすめの保険ショップを紹介します。

おすすめ来店型保険相談5選


まずは来店型保険ショップ5選を紹介します。

1.保険見直し本舗

【特徴】
・契約実績数100万件以上
・全国253店舗
・取り扱い保険会社数45

契約実績数100万件突破した大人気の保険ショップです。

2019年2月現在で全国253店舗あるので、お住いの近くで見つけられるでしょう。

また、引っ越し先でも継続してサービスを受けられるのは高ポイント。

最大の強みは、40社を超える取り扱い保険会社数。

生命保険から損害保険会社、少額短期保険会社までバランスよく取り扱っています。

相談員のレベルは担当にもよるでしょうが、100万件以上の契約実績があることからも、多くの方が満足いく相談ができたと分かります。

トップクラスに多い保険商品の中から、オーダーメイドの保険プランを提案してくれます。

2019年2月の時点で、プレゼントキャンペーンは行っていないようです。

2.保険クリニック

【特徴】
・日本初の来店型保険ショップ
・19年の信頼と実績
・取り扱い保険会社数は38社
・分かりやすい説明

日本で最初の来店型保険ショップが保険クリニックです。

19年の信頼と実績は他の保険ショップにはなく、顧客満足度は86.9%と高い数値を出しています。

取り扱い保険会社数は38社と十分です。

社内マスター制度というものがあり、相談員の中には保険だけではなく、家計や住宅ローンなどに精通している人もいます。

また、説明にはグラフなどが使用されるため、保険素人でも分かりやすいと評判です。

保険金の請求手続き、住所変更などの手続きを行ってくれる充実のアフターフォローもばっちり。

2019年2月の時点では、映画のタイアップ企画を行っており、店頭に設置しているチラシのQRコードから応募すると、抽選で舞台挨拶招待チケットなどが当たります。

3.LIFULL保険相談(ニアエル)

【特徴】
・全国1,200店舗以上の保険ショップの検索と予約ができる
・女性相談員の希望を出せる

保険相談ニアエルは、保険ショップを運営していません。

ニアエルが行っているのは、全国の保険ショップの検索と予約を行うサービス。

ニアエルでは、保険見直し本舗やみつばちほけんなどの全国約1,200店舗以上の保険ショップと提携しています。

お住まいのエリアから保険ショップの検索をして、約30秒で来店予約が行えるのです。

また、どの保険ショップがいいのかわからないという方のために、あなたにぴったりの店舗を選んでくれる「おまかせ予約」もあります。

近くにある各保険ショップの情報が簡単に把握できる便利なサービスです。

2019年2月の時点では、キャンペーンは行っていないようです。

4.ゼクシィ保険ショップ

【特徴】
・相談員は全員FP
・仲介手数料はスタッフに知らされていない
・家計に基づいた相談可能
・取り扱い保険会社数と店舗数は少ない

結婚で有名なゼクシィは保険ショップも運営しています。

しかも、相談員全員がFPの資格を取得しているとのこと。

そのため、家計に基づいた非常に質の高い保険相談が行えるでしょう。

また、スタッフが保険の販売手数料を知らないのも素晴らしいですね。

実は各保険商品によって販売手数料が異なるため、保険ショップの中にはあえて手数料の高い商品を勧めるところもあります。

ゼクシィではスタッフに手数料を知らさないため、手数料に影響されない本当に中立な保険提案を行ってくれるのでしょう。

取り扱い保険会社数は全23社とやや少なめで、店舗も全都道府県にはありません。

ただ良い保険ショップなので、近くにある方は利用を積極的に考えたい保険ショップです。

2019年2月の時点では、マタニティマークタグプレゼントキャンペーン、「結婚・新生活のお金これでカンペキBook」プレゼントキャンペーンが実施されています。

どちらも新規保険相談することで、無料でゲットできるようです。

5.ほけんの窓口


【特徴】
・取り扱い保険会社数は45社
・2018年度オリコン顧客満足度1位
・全国721店舗

日本全国どこにでもあると言っても過言ではないのが、ほけんの窓口です。

店舗数は全国721店舗もあります。

取り扱い保険会社数も45社と業界トップクラス。

店舗数と取り扱い保険会社数なら、他の保険ショップには負けません。

また、2018年度オリコン顧客満足度ランキング来店型保険ショップで1位に輝いています。

2019年2月の時点でキャンペーンは行われていませんが、2018年には食品などが抽選で当たるプレゼントキャンペーンを実施していました。

おすすめ訪問型保険相談5選

次は相談員が自宅や勤務先などに来てくれる訪問型保険ショップ5選を紹介します。

1.保険見直しラボ

【特徴】
・相談員の平均経験年数12.1年
・国内最大級規模
・安心のイエローカード制度

顧客満足度が96.8%と非常に高い訪問型保険ショップです。

人気の秘密は、経験豊富な相談員たち。

相談員の業界平均年数は12.1年なので、内容の濃い相談が期待できます。

また、全国に約60拠点持ち、これは訪問型保険ショップで国内最大級規模。

相談員が過度な営業などを行った際に、相談員の変更を行えるイエローカード制度もあるので、安心してサービスを利用できます。

現在のところ、保険相談とアンケート回答をすれば、熟成豚・マカロン・オーガニックペースト・熟成牛タンのいずれかがもらえるキャンペーン実施中です。

2.保険マンモス

【特徴】
・無料で保険と家計相談ができる
・相談員はFP
・安心のイエローカード制度
・豪華キャンペーン

とにかく相談員の質が高いことで有名なのが保険マンモスです。

相談員は全員プロフェッショナルであるFP。

日経委BPコンサルティングによる調査では、主要3部門を含む11項目で1位を獲得するほどFPのレベルが高いです。

また、保険だけではなく金融に精通したFPばかりなので、家計相談も同時に行えます。

万が一、しつこい営業や失礼な行為があった際には、イエローカード制度で相談員の変更が可能。

保険相談とアンケート回答で、A5クラス厳選黒毛和牛か今治タオルがプレゼント、もしくは20名に1人の確率で1泊2日の豪華旅行がプレゼントされる豪華キャンペーン実施中です。

3.保険コネクト

【特徴】
・相談員は経験歴5年以上
・しつこい営業行為は禁止
・メディア掲載歴あり
・豊富なプレゼントキャンペーン

経験歴5年以上のレベルの高い相談員がそろっています。

相談員にはノルマも課されていないため、あなたに合った保険商品だけを紹介してくれるでしょう。

しつこい営業勧誘などは厳しく禁止されており、雑誌に掲載された実績もあります。

無料保険相談を行うと、必ずプレゼントがもらえるキャンペーン実施中です。

プレゼントはボトル型浄水器や多機能まな板、食器、今治タオルなど様々あります。

4.保険GATE

【特徴】
・相談員はFP
・厳格な個人情報管理

保険GATEは、相談員が全員FPの訪問型保険ショップです。

FPの中でも、書類審査と面接などの厳格な審査を通過した精鋭たちのよう。

そのため、保険相談内容には大きく期待できます。

保険相談では個人情報を渡すのが基本であり、保険GATEでは個人情報管理も徹底して行っているのです。

現在は、新規契約で1,100円分相当のグルメカードプレゼントなどのキャンペーンを実施しています。

5.保険のビュッフェ

【特徴】
・FPに保険と家計相談できる
・顧客満足度は95%
・強引な勧誘は一切なし
・出張型と来店型で選べる

厳選されたレベルの高いFPが在籍していると評判の保険ショップです。

FPの平均経験年数は9.5年とベテラン揃いなので、満足度の高い相談に期待できるでしょう。

実際に相談満足度は95%と非常に高いです。

保険のビュッフェは、ご都合に応じて訪問型と来店型を選べます。

全国展開しているので、多くの方が利用できるはずです。

現在は初回相談後、契約の有無にかかわらずプレゼントがもらえるキャンペーンが実施されています。

保険見直しをするべき理由とメリット・デメリット


保険見直しをするべき理由は、ずばり時期に応じて必要な保障が異なるからです。

保険とは万が一に備えるべきもので、その時々に合った保障がなければ加入している意味がありません。

それ以外にも、保険見直しをするメリットはいくつかあるのです。

ここからは、保険見直しのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット1:常に必要な保障を得られる

定期的に保険の見直しを行うことで、常に必要な保障に備えられます。

例えば、独身の人と結婚して子どもがいる人では、必要な保障や保険金額などが大きく異なりますよね。

また、時代は常に変化するもので、時代に遅れないためにも保険の見直しは必須。

10年前の医療保険に加入している人がいるでしょうが、その保険が現代でも役に立つとは限りません。

その理由は、現代は通院治療が主流となっていて、かつての入院費用重視の医療保険では十分にカバーできないからです。

保険の見直しをすることで、ライフステージと時代にあった保障を得られます。

メリット2:保険料が安くなるかも

保険の見直しをする最大のメリットは、保険料が大きく安くなる可能性があるからです。

多くの方は、必要のない保険に加入してしまっています。

保険の見直しをすることで、不要な保険が判明したり、保障額を下げたりできるようになり、結果的に保険料が大幅にカットできるのです。

以下が保険料を抑えたいと思ったときに考えるべきポイント。

・加入しいている保険の必要性
・特約解除
・保障額の減額
・保険の乗り換え

保険料のスリム化を自分で行うのは難しいです。

だからこそ、保険に精通したFPやコンサルタントに頼むべきでしょう。

デメリット1:損をする可能性がある

保険見直しには損をしてしまう可能性がつきまといます。

特に、現在加入している保険を解約して、新たな保険に加入するときは要注意。

これは保険を途中解約するということなので、多くの場合でわずかな解約返戻金しか支払われません。

貯蓄型の多くは保険料払い込みが終わって、初めて大きな解約返戻金を得られるので、途中解約は推奨されていません。

もし解約をする場合は、本当に乗り換えで得するのかどうか検討してみましょう。

また、必要な保障を解約しないようにも気を付けなければいけません。

得をするのか損するのかは、相談員のレベルの高さによります。

デメリット2:自分でも保険商品を調べなければいけない

保険見直し相談は便利ですが、1つだけデメリットがあります。

それが、全ての保険会社を網羅していないということ。

先にも見ましたが、保険ショップの取り扱い保険会社数は多くても45社です。

しかし、日本にある保険会社数は45社よりもずっと多くあります。

そして、保険ショップが取り扱っていない保険会社の中に、優良商品はたくさんあるのです。

例えば、学資保険でいうとJA共済の商品は返戻率が高いうえ、保障も充実したマストチェック商品。

でも、これを取り扱っている保険ショップはほとんどありません。

他にも格安のネット保険商品なども少ないです。

保険相談にも限りがあるので、自分でリサーチする必要もあります。

年齢・男女別保険見直しシュミレーションと注意点

前の項では、ライフスタイル別の保険見直しタイミングとポイントを見てきました。

ここからは、年齢・男女別の保険見直しのシミュレーションをしてみたいと思います。

20代男性・女性の保険見直しシュミレーション


20代の男女とも独身ならば、それほど手厚い保障は必要ないでしょう。

必要なのは、自身の身に万が一が起きたときのための、定期死亡保険。

定期保険の保険金額で、葬儀や奨学金返済費用などに充てます。

また、30万円ほどの貯蓄が貯まるまでのつなぎとして、格安の医療保険に加入しておくといいかもしれません。

もし結婚しているなら、自身もしくはパートナーの身に万が一が起きたときの、収入減少リスクに備えておくべきです。

共働きなら収入保障保険と必要なら医療保険、片方だけ働いているのなら死亡保険や就業不能保険などを検討してみてください。

30代男性・女性の保険見直しシュミレーション

30歳代になるとライフステージも多様化します。

まず独身の30代男女は、20代のころと同様に自分のために保険を加入しましょう。

病気やケガなどで収入が減った時のための収入保障保険、葬儀費用の定期保険、そして貯蓄だけでは不安な方は医療保険に加入するといいですね。

次は30代で結婚していて、子どもがいない方の場合を見ていきましょう。

仕事をしている男性には、病気やけがによる収入激減した時のために、収入保障保険は必須となるかもしれません。

また、死亡保障に備えるのもいい考えです。

家事をしている方には、軽めの保障で備えておきましょう。

具体的には、保険料の安い医療保険と死亡保険がおすすめ。

複雑になるのが子どもがいる家庭です。

働き手は、収入減と万が一に備えて、収入保障保険と死亡保険に加入しておきましょう。

遺された家族のことも考えて、死亡保険金は手厚くしておきたいところです。

そして、子どもの教育費用貯蓄のために、学資保険や貯蓄型の終身保険に加入するのがおすすめ。

40代男性・女性の保険見直しをシュミレーション

40歳代からは病気のリスクがぐっと高くなります。

そのため、独身でも医療保障は充実させておくのが一般的。

また、独身・既婚ともに40歳代から、老後資金準備を開始する人が多くなります。

終身保険などは別ですが、個人年金型保険はあまりおすすめできません。

個人年金型保険は元本割れリスクがあるため、年金貯蓄には向いていないのです。

確定拠出年金やその他の制度を利用するのがいいでしょう。

家庭のある方は、収入保障保険を検討したいところ。

医療保険も見直すべきですが、すでに優れた医療保険に加入している方は、無理に見直す必要はありません。

数年前に医療保険に加入したきりの方、そして健康に自信のある方は医療保険の見直しをしましょう。

というのも、今は健康体だと保険料が格安になる医療保険が数多くあります。

審査基準こそ厳しいですが、通過すれば非常にいい条件で医療保険に加入できるのです。

50代男性・女性の保険見直しをシュミレーション

50歳代は医療保険の充実が重要事項ですが、注意点としては終身に目を向けるということ。

定期医療保険の方が毎月の保険料は安いですが、更新するたびに保険料が大きく上がってしまいます。

今後も医療保険に加入し続けることを考えると、終身医療保険のほうがお得になるでしょう。

ただし、公的制度もあることを考えると、保障内容は最低限にして保険料を抑えるのがおすすめ。

また同様の理由で、死亡保険も終身で加入するといいかもしれません。

60代男性・女性の保険見直しをシュミレーション

60歳代も基本的には50歳代と同じ考え方です。

ただし、一点だけ異なる点があります。

それが介護保険も視野に入れるということ。

介護費用に関する制度も整っているため、全額自己負担とはなりませんが、それでも年間約470万円かかると調査で判明しています。

そのため、家族に大きな負担をかけないためにも、介護保険への加入は検討してみてもいいでしょう。

70代以上高齢者男性・女性の保険見直しをシュミレーション

70歳代からは、高額療養費制度と健康保険の負担額がさらに軽減されます。

そのため、医療保険を見直すチャンスです。

不必要な医療保険や保障はカットして、そのぶんを老後資金や他の保険に活用できます。

意外と見落とされる年代ですが、一度保険相談を行うのがおすすめの年代でもあります。

保険見直しキャンペーンを活用して商品券やお米をもらう


保険ショップ(主に訪問型)は、お肉やお米などの食料品、そして商品券がもらえるお得なキャンペーンを実施しています。

もらえる条件のほとんどが、保険相談とアンケートの回答だけ。

たったそれだけで、プレゼントがもらえるのは嬉しいですよね。

「キャンペーン目当てで保険相談を行うべきではない」という声もあります。

確かに、キャンペーン目当てだけはよくありません。

しかし、個人的にはキャンペーンがきっかけとなるのなら、どんどん保険相談を行うべきだと思っています。

ぜひ無料保険相談を行って、ついでにお得なプレゼントももらってください。

保険知識がなくとも、やさしく丁寧に解説してくれるはずです。

自分で保険見直しをするのは有り無し?

自分で保険見直しはやろうと思えばできます。

ただし、保険の知識はもちろんのこと、ライフプランや家計などを考慮して、必要なものとそうでないものを見極める必要があるのです。

そのため、正直言って膨大な時間がかかり大変です。

その点、保険相談はプロが分かりやすく手引きしてくれるため、楽なうえに正確に見直しが行えます。

確かに、保険ショップは全ての保険会社を扱っていないため、自分でもリサーチをする必要があります。

しかし、保険相談は無料なのでプロの意見を参考にするためにも、何度か相談してみるといいでしょう。

そうすることで、保険の知識が身につけば、保険見直しの大きな参考ともなります。

あくまでも最終決定するのはあなたなので、自分で行うつもりで保険見直し相談をするといいですね。

保険見直しまとめ

常に必要な保障に備えるためにも、定期的な保険の見直しが必須です。

保険を見直すタイミングは、結婚や出産、マイホーム購入、子どもの独立などライフステージが変わったとき。

また、医療トレンドはすぐに変わるので、ライフステージは変わらなくとも数年おきに見直しをしたいところです。

無料で行える保険相談は、保険の見直しに最適な方法です。

ぜひFPと保険相談をして、あなたにあった保険プランを制作してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です