スーパー割引定期保険の保障内容と評判、3つのメリット・デメリット

「スーパー割引定期保険は人気の定期保険?」

「スーパー割引定期保険の保障内容やメリットが知りたい!」

メットライフ生命保険が販売するスーパー割引定期保険は、各保険ランキングトップ3にランクインする人気商品。

その人気の秘密は、最大で50%以上オフになる健康体割引制度にあります。

また、一度割引制度が適用されれば更新しても続く、病気でも同額保障などのメリットがあるのです。

今記事ではスーパー割引定期保険の特徴と保障内容まとめ、メリット・デメリット、定期保険プレミアムとの違い、オススメの人などを解説します。

ぜひ今記事を読んで、あなたに合った定期保険を選べるようになってください。

スーパー割引定期保険を販売するメットライフ生命とは?経営状態は安全?

CMでご存じの方が多いメットライフ生命保険。

もともとは外資系保険会社ということもあり、経営状態や保険金が適切に支払われるのかなどの不安を持つ方がいます。

結論から言えば、メットライフ生命保険の経営状態は健全です。

保険会社の支払い能力を測る指標の一つに、想定外の事態に対する支払い余力を表すソルベンシー・マージン比率というものがあります。

メットライフ生命保険のソルベンシー・マージン比率は883.6%(200%以上あれば安心)。

さらに、第3者機関による格付けではAA-と高評価を得ているのです。

実際に、加入者の約96.0%が保険金・給付金の支払いに満足していると明かされています。

2018年現在では、メットライフ生命保険の経営状態は安心であり、倒産の危機は極めて低いでしょう。

スーパー割引定期保険4つの特徴

スーパー割引定期保険は、各メディアが実施する保険ランキング上位にランクインする大人気商品です。

最大の特徴は、現在人気のリスク細分利率を導入していること。

加入者は4つの健康状態に分類され、最大で保険料が半額以上になります。

その他にも、7種類の保険期間、100万円単位で設定できる保険金額、充実した保障といった特徴があるのです。

さっそく、スーパー割引定期保険4つの特徴を見ていきましょう!

1.健康だと保険料が最大50%以上オフ


現在の定期保険はリスク細分利率を導入している商品がトレンドです。

リスク細分利率とは、保険金が支払われる死亡リスクが低い人ほど保険料が安くなる制度。

人が死亡する要素は様々あります。

事故や災害などは避けられない死亡リスクですが、病気による死亡リスクは人によって異なりますよね。

喫煙者は非喫煙者よりも病気になるリスクが高ければ、高血圧の方も死亡リスクが高まります。

リスク細分利率採用商品だと、あなたの死亡リスクに見合った保険料を得られるのです。

スーパー割引定期保険の場合、契約者は過去2年間の喫煙の有無・血圧・身長体重によって4つのクラスに分類されます。

以下が4つのクラス一覧です。

・非喫煙優良体【ファーストクラス】(最大52.9%割引)
・非喫煙標準体【セカンドクラス】(約32%割引)
・喫煙優良体【サードクラス】(約24%割引)
・標準体【スタンダードクラス】

最大で半額以上割引となるのは大きな魅力ですね。

非喫煙者で、痩せすぎず太すぎずの体型ならセカンドクラス以上になれる可能性は十分にあります。

具体的な条件は公表されていませんが、シミュレーションをしてみる限り最低血圧85㎜Hg以下、最高血圧135mmHG以下だと正常血圧とみなされるようです。

ファーストクラスだと十分すぎますが、セカンドクラスでもかなり割安の保険料となります。

タバコを吸わない方で、健康に自信のある方はぜひ加入を検討してみましょう。

必要な死亡保障を低コストで準備できますよ。

2.7つの保険期間

スーパー割引定期保険の保険期間は、決められた期間を保障する「更新タイプ」と決められた年齢まで保障する「満了タイプ」の2種類があります。

以下が各タイプの選択可能期間です。

・更新タイプ

10年タイプ、20年タイプ(最長で80歳まで更新)

・満了タイプ

60歳満了タイプ、65歳満了タイプ、70歳満了タイプ、75歳満了タイプ、80歳満了タイプ

あなたのライフプランによって、オススメできる保険期間は異なります。

しかし、一般的には10年タイプがオススメです。

更新タイプは、保険料が割安なうえに、更新時期に保険の見直しもできます。

例えば、現在独身でも10年後には家庭を持っている可能性があります。

その時に、必要となる保障は現在のものとは異なるはずです。

唯一のデメリットは、更新のたびに保険料が値上がりすること。

ただ、基本的には必要な時期に安い保険料で備えられる更新タイプがいいでしょう。

3.最大で5,000万円まで保険金設定可能


定期保険での設定死亡保険金額は、あなたが加入する目的で異なります。

遺された家族のため、自身の葬儀費用のため、子どもの教育費用をカバーするためなど様々でしょう。

定期保険選びで重要なのは、あなたの目的に応えられる保険金額設定できるものを選ぶこと。

スーパー割引定期保険だと、500万円から5,000万円まで100万円単位で設定可能なので、あなたのニーズを満たせる可能性は高いです。

50代・60代・独身に人気なのが500万円で、最も人気なのが1,000万円だそうです。

遺された子どもの教育費用に備えたい場合は、現在のお子様の教育ステージに合った金額設定をしましょう。

年齢が上がるにつれて、必要教育費は少なくなっていきます。

もしお子様が生まれたばかりならば、幼稚園から国立大学まで約900万円の教育費用が必要となるのです。

お子さまが中学入学直前ならば、必要となる教育費用は中学から国立大学までの約780万円ですみます。

進路は想定しづらいので、教育費用だけに備えるのならば1,000~1,500万円ほど設定しておくと良いでしょう。

生活費などにも備えたい場合は、2,000~3,000万円がオススメです。

保険金額と保障期間を決定するためには、定期保険加入の目的をはっきりさせないといけません。

なんとなくで契約内容を決定すると、万が一が起きたときに十分な保障が得られない可能性があります。

今一度、定期保険加入の目的を見直してみてください。

4.高度障害状態になると保険料の支払いが免除

スーパー割引定期保険には、2つの特約があります。

1つ目は、保険料払込免除特約。

これは契約者が不慮の事故で、180日以内に所定の障害状態になると、その後の保険料の支払いが免除される保障です。

保険料払込免除特約は基本保障に含まれています。

保険料支払能力がなくなっても、契約が続くのは安心ですよね。

2つ目が、リビングニーズ特約。

リビングニーズ特約は、医師により余命6か月と宣告されると、生存中に保険金の一部を受け取れる保障なのです。

受け取った保険金額は、生前の思い出を作りに活用したり、治療費に充てたりすることも可能。

また、リビングニーズ特約で受け取った金額は非課税なのも魅力的です。

しかし、1,000万円受け取って800万円だけ生前中に使えば、残りの200万円は課税扱いになるので注意が必要。

万が一が起きる確率は低いとはいえ、2つの充実した特約があるのは大きな特徴です。

スーパー割引定期保険の保障内容まとめ


保険は保障内容を十分に理解する必要があるものの、公式サイトや約款に書かれている内容は難しいですよね。

そこで今回は、契約前に知っておくべきスーパー割引定期保険の保障内容をまとめました。

誰でも理解できるようにまとめていますので、参考にしてください。

【保障内容】

・死亡保険金

契約者が死亡したときに支払われるお金。

・高度障害保険金

傷害または病気が原因で、所定の高度障害状態になったときに支払われるお金。

・保険料払込免除

・リビングニーズ特約

【保険期間】

更新タイプ:10年・20年
満了タイプ:60歳・65歳・70歳・75歳・80歳満了

【保険金額】

500万円~5,000万円(100万円単位で設定可能)

【保険料払込方法】

・払い込み方法:口座振替、クレジットカード払い

スーパー割引定期保険の保険料シミュレーション


実際に、スーパー割引定期保険の具体的な保険料が気になりますよね。

そこで年齢を変えて、保険料のシミュレーションをしてみます。

また、非喫煙優良体と標準体の保険料を紹介するので、割引率にも注目してみてくださいね。

【基本契約条件】

・保険金額:1,000万円
・保障期間:10年更新タイプ

【契約者年齢30歳】

・男性非喫煙優良体:1,140円
・女性非喫煙優良体:1,060円
・男性標準体:2,290円
・女性標準体:1,920円

【契約者年齢40歳】

・男性非喫煙優良体:1,800円
・女性非喫煙優良体:1,560円
・男性標準体:3,560円
・女性標準体:2,650円

【契約者年齢50歳】

・男性非喫煙優良体:3,860円
・女性非喫煙優良体:2,630円
・男性標準体:6,710円
・女性標準体:4,020円

具体的な数字で見てみると、標準体と非喫煙優良体では大きな差がありますね。

特に契約者年齢が上がると、その差は目立ちます。

健康体の中高年は、一度割引を受けられるかどうか確認してみましょう。

加入するかどうかはともかく、確認だけしてみる価値は十分にあります。

スーパー割引定期保険3つのメリット・デメリット

リスク細分利率が最大の売りですが、その他にもスーパー割引定期保険には3つのメリットがあります。

それが契約時に固定される保険料利率、病気でも同額保障、無料の3つの医療サービスです。

しかし、標準体では保険料が割高になる、高額保障がないなどの知っておくべきデメリットもあります。

ここからは、加入検討時に知っておきたい3つのメリット・デメリットを解説しましょう。

メリット1:保険料利率は更新のたびに変わらない


スーパー割引定期保険は更新タイプがオススメだと紹介しました。

更新タイプは保険の見直しができるなどのメリットもありますが、それ以上に保険料利率が契約更新のたびに変わらないというメリットがあるのです。

普通のリスク細分利率商品では、契約更新のたびに保険料利率が変わります。

つまり、10年後の更新時には保険料の割引が受け取れない可能性が大いにあるということ。

しかし、スーパー割引定期保険では10年後も、20年後も保険料利率は契約時のまま。

極端なたとえですが、非喫煙優良体で加入できれば、10年後に高血圧でタバコを吸っていても保険料の割引が受けられるのです。

一般的に年齢が上がるにつれて、健康リスクは高まります。

そのため、50歳の方が割引を受けるよりも、30歳の方が割引を受ける方がはるかに簡単です。

健康体のうちに加入しておいて、契約更新時期になったら保険の見直しをする。

他の商品が必要だったら乗り換えをし、乗り換えの必要がなければ引き続きお得な保険料で継続できるのです。

保険料利率が更新のたびに変わらないのは、大きなメリットです。

メリット2:病気でも、事故でも同額保障

スーパー割引定期保険では、病気でも、事故でも、災害でも支払われる保険金額は変わりません。

実は、定期保険の中には病気で死亡した場合、支払保険金額が減額されるものがあるのです。

その代わりに、事故や災害での死亡保険金が多めに支払われます。

でも、事故や災害で死亡するよりも、病気で死亡する確率の方がずっと高いですよね。

一見すると、災害や事故の死亡保険金が手厚く支払われるのでメリットに見えますが、同時にそれは大きなデメリットにもなっているのです。

スーパー割引定期保険では、病気が原因の死亡でも支払い保険金額は一切変わらないので安心ですね。

メリット3:無料で使用できる3つの医療サービス


定期保険で死亡保障ができるのは当然のこと。

多くの商品は差別化をするために、他にはない独自サービスの提供をしています。

スーパー割引定期保険の場合は、3つの医療サポートサービスが利用できます。

サービス内容は以下の通り。

・健康生活ダイアル24

24時間365日、無料電話で看護師や医師などの専門スタッフに、健康・医療・育児に関する相談ができます。

・セカンドオピニオンサービス

総合相談医師によるセカンドオピニオンを受けられます。

・ベストホスピタルネットワーク

お住まいの地域周辺にある医療機関の紹介と手配を行うサービスです。

デメリット1:タバコを吸う方は保険料が割高

スーパー割引定期保険は、健康に自信のある方には強くオススメできる商品です。

しかし、喫煙者や健康に自信のない方は保険料が高くなります。

標準体の保険料は30歳男性で2,290円でした。

正直なところ、他の定期保険商品と比べると少し高い印象を受けます。

標準体に分類された場合は、他の定期保険に目を向けた方がいいかもしれません。

標準体で加入するメリットはあまりないように思えます。

デメリット2:高額保障がない


スーパー割引定期保険は500万円から5,000万円まで保険金設定が可能ですが、欲を言えばもう少しだけ設定可能金額を広げてほしかったです。

5,000万円もあれば十分な方がほとんどだと思いますが、なかにはそれ以上保険金を設定しておきたい方もいるでしょう。

定期保険の中には、1億円まで保険金設定できるものもあるので、5,000万円以上を求める方は他の商品をチェックしてみてください。

最悪なのが、選択肢にないからと妥協して加入することです。

保険選びでは妥協をするのではなく、あなたの望みを満たせる商品を選ぶことが重要ですよ。

デメリット3:加入には健康診断受診が必須

リスク細分利率商品なので、加入時には過去1年以内の健康診断もしくは人間ドックのコピーを提出する必要があります。

ネットで気軽に申し込みを完結できる商品が多い中、事前に健康診断を受診しておく必要があるのはデメリットですね。

しかし、これは割引を得るために必要なものなので、仕方がないです。

リスク細分利率商品のほとんどは、健康診断コピーの提出を義務付けています。

一度診断書を手にすれば、多くの商品に加入できるので、少々面倒かもしれませんが事前に診断は済ませておきましょう。

チューリッヒ生命定期保険プレミアムVSスーパー割引定期保険

スーパー割引定期保険のライバルと言われるのが、チューリッヒ生命の定期保険プレミアムです。

2商品ともリスク細分利率商品で、保障内容もよく似ています。

どちらを選べばいいのかと迷ったときは、以下3つのポイントに注目してみてください。

1.保険料


スーパー割引定期保険の方が保険料は少しだけ安いです。

契約者30歳男性、保険金1,000万円、保障期間10年更新とした時の保険料は以下の通り。

・チューリッヒ生命定期保険プレミアム:1,050円
・メットライフ生命保険スーパー割引定期保険:1,140円

90円の違いですが、保険料は定期保険プレミアムに軍配が上がります。

2.設定可能保険金額

スーパー割引定期保険は5,000万円までしか保険金設定ができませんでした。

しかし、定期保険プレミアムでは500万円から1億円まで100万円単位で設定可能なのです。

もし5,000万円以上の保険金を求める方は、定期保険プレミアムに目を向けてみるといいかもしれません。

3.リスク細分利率条件

ここまで見てくると、チューリッヒ生命定期保険プレミアムの方が優れているように思えます。

しかし、リスク細分利率適用条件はスーパー割引定期保険の方が優しいです。

以下がリスク細分利率適用条件。

・チューリッヒ生命定期保険プレミアム:過去1年以内の喫煙歴なし/血圧最高

119mmHg以下かつ、最低79mmHg以下の方で所定の基準を満たす方

・メットライフ生命保険スーパー割引定期保険:過去1年以内の喫煙歴なし/血圧最高

135mmHg以下かつ、最低85mmHg以下の方で所定の基準を満たす方

比較してみると、メットライフ生命保険の方がずっと優しいですよね。

結局のところ、2商品ともリスク細分利率が適用されなければ大きなメリットはありません。

チューリッヒ生命定期保険プレミアムで割引を得られなくとも、スーパー割引定期保険で割引を得られる可能性は十分にあります。

スーパー割引定期保険の口コミや評判は?

スーパー割引定期保険の評判は非常に良いです。

雑誌やウェブメディアが行う定期保険ランキングでは、トップ3以内にランクインすることが多く、加入者の満足度も非常に高いです。

以下がよく見られるプラス評価の意見。

・割引を受けて保険料が大幅に安くなった
・保険の見直しに成功した
・更新のたびに型が変わらないのが契約の決め手

高評価の多くは、リスク細分利率に関するものです。

やはり保険料が半額以上になるのは大きいですよね。

しかし見方を変えると、標準体で加入するメリットはほとんどないということ。

スーパー割引定期保険はどんな人にオススメ?


スーパー割引定期保険は、健康に自信のある方にオススメできます。

対して、喫煙者で健康に自信がない方は、割引制度を導入していない商品に目を向けるといいでしょう。

リスク細分利率商品だと、どうしても保険料が割高になってしまいます。

中高年の方、もしくは保険金額3,000万円以上に備えたい方は、ぜひスーパー割引定期保険加入を真剣に検討してみてください。

割引率は年齢が上がる、もしくは保険金額が高くなるほど上がるのです。

もちろん、若い世代や3,000万円以下の保険金額でも、大きな割引率を受けられますよ。

結局のところ、少しでも保険料を安くしたい健康に自信のある方は、保険料のシミュレーションだけでもしてみるべきなのです。

まとめ

ライフ生命保険が販売するスーパー割引定期保険は優れた商品です。

リスク細分利率が適用されそうな方は、ぜひ加入を検討してみてください。

また、同時にチューリッヒ生命定期保険プレミアムも検討するのをオススメします。

割引条件は厳しいですが、そのぶん定期保険プレミアムの方が保険料・保障内容ともに少しだけ優れています。

どちらに加入するとしても、健康診断もしくは人間ドック受診の必要があるので、まずは受診をしてみるといいですね。

結果を見て、どの定期保険に加入するか決定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です