アクサダイレクトの「定期保険OKライフ」保障と評判をFPが解説

アクサの「長期保障」の定期保険OKライフについての保障内容、メリットデメリット

このアクサの「長期保障」の定期保険OKライフは、「限定告知型保険(げんていこくちがたほけん)」と呼ばれるタイプの保険になります。

この「限定告知型保険」という用語、「引受基準緩和型保険(ひきうけきじゅんかんわがたほけん)」と言われることもあるのですが、これらの名称はあまり聞き慣れないのではないでしょうか?

ここではまず最初に、アクサの「長期保障」の定期保険OKライフの、具体的な保障内容をご説明する前に、「限定告知型保険」とは何か?について、ご説明をしたいと思います。

「限定告知型保険」って、どんな保険なの?

限定告知型保険、もしくは引受基準緩和型保険とは、通常の保険と比較して、保険会社の医的な引受基準が緩和されていたり、健康状態を告知する項目が少ないタイプの保険です。

アクサの「長期保障」の定期保険OKライフは定期保険ですが、一般的には医療保険の分野で多く見られるタイプの保険になります。

この限定告知型保険、今まで「持病・既往症がある」「健康診断で要治療の指摘を受けた」「現在、病気で通院・服薬中」など、健康上の理由で加入ができなかった人に対し、加入できるチャンスを広げたという点で画期的な保険と言えるでしょう。

具体的な告知内容はどんなものがあるの?

さて、ここからは具体的な告知内容についてご説明をします。

告知書で質問される項目は、おおむね3~5つ程度にしぼられています。

内容は、保険会社によって違いはありますが、以下は一例です。

1.過去2年以内に入院または手術をしたことがあるか
2.過去5年以内に、がんで入院または手術をしたことがあるか
3.今後3カ月以内に、入院または手術の予定があるか
4.現時点でがん、または肝硬変と医師に診断、または疑いがあると指摘されているか
5.現在までに公的介護保険の要介護認定(要支援)を受けたことがあるか

限定告知型保険では、これらの項目に一つも該当しなければ加入が可能です。

限定告知型ではない通常の保険であれば、過去の病状等を詳しく告知したり、再審査の結果の提出を求められたりしますが、この保険では必要がありません。

告知項目を簡素化しており、健康に不安がある人でも入りやすいと言われるのは、このためです。

メリット


さきほどメリットについて少し触れましたが、ここでは詳しくメリットの内容についてご説明をします。

1.健康状態に自信がなくても入りやすい

最大の特長かつメリットは、まずはこちらです。

例えば、上の質問項目で言うと、もしも現在、病気で通院治療中でも、今後3か月以内に入院手術の予定がなければ告知項目には該当しません。

そのため、告知項目以外の病気にかかっているとか、通院治療中であることを告知する必要もありません。

病気の種類にもよりますが、高血圧や糖尿病といった慢性疾患の持病がある人にとっては、大きなメリットであると言えるでしょう。

また、通常の医療保険の告知書には、「5年以内の入院・手術歴がありますか?」という質問事項がありますが、限定告知型医療保険では「2年以内の入院・手術歴がありますか?」という質問になっています。

このように、入院や手術歴を問う期間が緩和されているため、通常の保険では加入できなかった人も、入れるチャンスは広がっています。

2.再発した場合でも給付金が受け取れることも

通常の医療保険では、加入できたとしても、告知内容によっては「部位不担保」と言って病気の部分が保障の対象外となる場合があります。

その場合はその条件を承諾すれば加入することはできます。

しかし限定告知型保険は、責任開始日前に生じた病気やケガが再発・悪化した場合でも、条件がつかず給付金が受け取れる場合があるので、この点もメリットであると言えるでしょう。

デメリット

ここまではメリットを列挙しましたが、もちろんデメリットもあります。

ここでは、商品特性と合わせて、加入前に必ず注意すべき点をご説明します。

1.削減支払期間がある


この限定告知型保険は、契約をした日から一年間は「削減支払期間」がもうけられています。

これは、加入して1年の間に保険金の給付金請求があった場合、支払額は通常の半額に減額されて支払われるというもの。こちらは、各社ともに共通している商品内容です。

2.保険料が高い

デメリットの二つ目は、ずばり保険料が高いこと。

健康に不安がある人でも申し込みやすい設定のため、保険料は割高になっています。

保険会社によっては、通常の保険より倍近く保険料が高くなるケースもあります。

そのため、たとえ健康に不安があっても、まず最初は限定告知型ではない通常の保険をしっかり検討してから加入を考えることをおすすめします。

限定告知型保険のまとめ

限定告知型保険は、今まで健康上の理由で加入できなかった人にも可能性を広げた画期的な商品です。

けれども、加入できたとしても、普通の医療保険と比べて保険料が割高になることや、加入してから1年間は通常の半分しか給付金が支払われないといった商品特性を、事前にしっかり理解しないとのちのちトラブルになる可能性も大きい保険です。

ちなみに、保険というものは、保険会社や加入する商品によって、引き受け可能な健康状態の基準はかなり違っています。

また、一般的にはあまり知られていないことですが、健康告知についても、提出書類が会社の健康診断の結果なのか、それとももっと詳しい人間ドックの結果なのかでも、承諾可否の基準が違う場合があります。

たとえば「血圧が高くてずっと薬ものんでるから、普通の保険は無理だろう」と思っていても、まったく無条件で保険に加入できる場合もあります。

限定告知型保険は、健康状態に自信がなくても入れる可能性が高いことは確かです。

けれども、自己判断でほかの保険をまったく検討しないのはおすすめしません。

メリットデメリットをしっかり把握し、そしてほかの保険に入れる可能性も十分調べたうえで、上手な利用方法をおすすめします。

アクサの「長期保障」の定期保険 OKライフはどんな保険?


さてここからは、ここまでの限定告知型保険の特長をふまえたうえで、アクサの「長期保障」の定期保険 OKライフの具体的な内容について見ていきましょう。

おもな特長3つ

1.持病がある方や、過去に入院・手術をされた方も、4つの告知項目に該当しなければお申込み可能

2.98歳までの長期の死亡保障がある

3.払戻金をもとにして、契約を一生涯の保障に変更可能(ただし保険金額は変更前より小さくなります)

それでは、各項目について具体的に見ていきましょう。

告知項目

まずは気になる告知項目について。

アクサの「長期保障」の定期保険 OKライフでは、以下の4つの質問がすべて「いいえ」の場合、加入可能です。

・チェック1:過去2年以内に、病気やけがで、入院*1をしたことまたは手術*2をうけたことがありますか?

・チェック2:過去5年以内に、ガン・悪性新生物(肉腫・白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫を含みます。)および上皮内新生物(上皮内ガン)で入院*1をしたこと、または手術*2をうけたことがありますか?

・チェック3:現在、ガン・悪性新生物(肉腫・白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫を含みます。)および上皮内新生物(上皮内ガン)、慢性肝炎、肝硬変で、医師の診察・検査*3・治療・投薬をうけていますか?*4

・チェック4:最近3ヶ月以内に、医師の診察または検査により入院または手術をすすめられたことがありますか?

*1 検査入院を含みます。ただし、検査の結果、治療の必要がなかった(病気やケガではなかった)場合、または、正常分娩による入院は除きます。
*2 先進医療による手術を含みます。
*3 検査待ち期間を含みます。
*4 前記疾病の疑いがあると医師に指摘されている場合も含みます。

告知項目については、ガンに「上皮内新生物(上皮内ガン)」も含まれていることが、やや厳しめかな?という印象がありますが、ごく一般的な内容と言えるでしょう。

98歳までの死亡保障がある


この、「長期保障」の定期保険 OKライフの最大の特長は、定期保険でありながら98歳まで保険期間があるという点。

最近は、定期保険も保障期間は90歳までというところが増えてきましたが、今でも多くの保険会社は80歳までとしています。

その中で、98歳までというのは、もはや実質的には終身保険といえるでしょう。

払戻金がある

この「長期保障」の定期保険 OKライフは、ご契約日から一定期間の「低払い戻し期間」をもうけている定期保険です。

「低払い戻し期間」中の払い戻し金額を低く抑え、保険期間を有期にすることで、同様の保障に終身タイプで加入するよりも、リーズナブルな保険料で保険に入ることができます。

「低払い戻し期間」中の「低払い戻し金割合」は、70%です。

また、この払い戻し金をもとに、一生涯の保障が続く終身保険に変更することも可能。

そして、終身保険への変更だけではなく、年金として受け取ることも可能となっています。

このような、払い戻し金を原資としたさまざまな選択肢を選べることも定期保険では珍しく、「OKライフ」ならではの特長と言えるでしょう。

まとめ

以上、アクサの「長期保障」の定期保険 OKライフの特長について、詳しくご説明をしました。

この「OKライフ」の最大の特長は、なんといっても限定告知型保険でありながら、98歳までの長期の定期保険であるという点でしょう。

この 「OKライフ」、健康に不安がある方でも引き受け基準が緩い保険なので、通常の長期定期保険に比べたら保険料は割高にはなります。

けれども、限定告知型の終身保険に比べたら保険料設定はリーズナブル。

98歳までという設定は、実質的には終身保険のような機能になるので、健康に不安があるけれども終身保険に入りたいという方は、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です